基本型相続税申告プラン

基本型相続税申告プラン

中央合同会計事務所のノウハウが凝縮された相続税申告のベーシックプラン。 基本型相続税申告プランでは、相続税申告のプロフェッショナルが、 一生に何度も起こらない相続の重要性を認識した確実な相続税申告のお手伝いをいたします。 細やかで行き届いたサービスと、専門家としての安心感をお求めなら、私たちにお任せください。

財産評価のスペシャリストによる最大限の節税

相続税専門の税理士が最大限の節税対策を実施することにより、お客様の相続税の負担軽減に努めます。

二次相続まで想定した遺産分割サポート

相続財産の一覧表を作成し、節税策や各相続人の意向を反映させる遺産分割について、二次相続まで想定したシミュレーションを行いご提案いたします。

明確な料金プランと事前のお見積り

中央合同会計事務所では、 料金体系のご説明と事前のお見積りにより、お客様との信頼関係の構築に努めます。

ダブルチェックで確実な相続税申告の担保

2人の相続を得意とする税理士が関与することにより、最善の相続税申告であることを十分に確認いただくことができます。

税務調査省略につながる書面添付制度に対応

書面添付の利用により、実地調査の省略につながれば、お客様の負担を大幅に減らすことができます。

スピード申告によりお客様の心理的負担を軽減

時間のかかる相続税の申告業務も、相続税専門の税理士なら、スピーディーに処理できます。

サービス内容

1.相続財産の評価

相続財産の評価相続税申告における財産評価は高度な専門性が要求される手続きです。相続財産の評価はその道のプロにお任せください。

2. 財産一覧表と相続税計算

財産一覧表の作成と相続税の財産一覧表を作成し、すでに決まっている遺産分割内容についてご確認いただきます。また、節税や二次相続にかかる相続税まで想定したシミュレーションも行いご確認いただきます。

3. 遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成財産一覧表ににて、遺産分割の内容に問題ないことを最終確認いただいたうえで、遺産分割協議書を作成いたします。

4. 相続税申告書の作成

相続税申告書の作成お客様の心理的負担を軽減するためスピード申告に対応しております。安心してお任せください。

サービスの流れ

1. 初回面談のお申し込み

相続税申告の流れ01まずは当税理士事務所まで、お電話またはお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。 お客様のご希望をもとに、面談の日時を調整させていただき、ご連絡いたします。
また、その際に、簡単な聞き取りやご準備いただく資料等をお願いさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。
初回面談は、お客様のご希望の場所をご指定ください。お体やご家族の関係で外出できないご事情がある場合には、ご自宅にお伺いさせていただきます。日中お仕事をされている場合には、夜間や土日も対応しています。

2. 初回面談

相続税申告の流れ02お客様と直接お会いして詳しく状況を聞き取りさせていただきながら、お手元にある資料の確認をさせていただきます。
そのうえで、基本的には、その場で、適用プランについてのご説明とお見積りをさせていただきます。
初回の面談は無料です。仮に契約にいたらなかった場合でも相談料等の料金は一切発生しませんので、ご安心ください。

3. 相続税申告に関する委任契約の締結と資料収集

相続税申告の流れ03当税理士事務所に相続税申告を依頼されることが決まりましたら、相続税申告に関する委任契約を締結したうえで、相続税申告に必要な資料の収集を開始いたします。
必要資料の収集にはお客様のご協力が不可欠です。資料の収集にあたっては、必要な書類リストを作成し、お客様の負担軽減に努めています。

4. 財産目録と遺産分割協議書の作成

相続税申告の流れ04相続税申告に必要な資料がそろいましたら、財産目録を作成し、遺産分割の内容の確認を行っていきます。
その際に、遺産分割の方針をお伺いしながら、節税を考慮した遺産分割についてもご提案させていただきます。
遺産分割の内容が決まりましたら、財産目録にて、遺産分割協議の内容の最終確認を行っていただきます。
最終のご確認をいただきましたら、相続人の皆様に署名押印いただく遺産分割協議書と税務署に提出する相続税申告書を作成させていただきます。
これらの書類の作成は、相続税の申告期限(相続開始から10か月以内)に余裕をもって間に合うように作成いたします。

5. 遺産分割協議書と相続税申告書へ署名押印

相続税申告の流れ05当税理士事務所にて作成した遺産分割協議書と相続税申告書に署名押印いただきます。
署名押印の際には、必ず作成した遺産分割協議書と相続税申告書の内容について、最終のご説明をさせていただきます。
お客様には、この時点で料金のお支払いをお願いしています。

6. 相続税申告書の税務署への提出

相続税申告の流れ06署名押印いただいた相続税申告書を税務署へ提出し、税務署受付の控えをお返しいたします。

料金について

お客様の不安を解消する明確な料金プランで一律算定いたします。 料金体系については必ず事前にご説明するとともにお見積もりし、報酬総額をご確認いただいたうえで業務を開始いたします。
当ホームページのオンライン見積りシステムで、相続税申告の税理士報酬の目安をご確認いただくことができます。

報酬の算定方法

報酬総額は、① 財産比例報酬(相続財産額に応じた報酬) + ② 従量制加算報酬(個別の財産評価作業に応じた報酬) + ③ 相続人加算報酬(相続人の人数に応じた報酬)の合計額となります。

① 財産比例報酬

② 従量制加算報酬

③ 相続人加算報酬

プラスの遺産総額(各種調整、減額、控除、基礎控除前) 財産比例報酬(税別)
1億円未満 40万円
2億円未満 80万円
3億円未満 120万円
4億円未満 160万円
5億円未満 200万円
6億円未満 240万円
7億円未満 300万円
8億円未満 320万円
9億円未満 360万円
10億円未満 400万円
10億円以上 1億円ごとに40万円を基準に調整いたします
加算報酬対象財産 従量制加算報酬 (税別)
預金 (2口座以上、1口座につき) 1万円
土地等 (1利用区分につき) 10万円
建物 (1利用区分につき) 1万円
上場有価証券等 (1銘柄につき) 1万円
非上場株式 (1社につき)) 30万円
その他の財産 (1単位につき) 1万円

※ 特別な調査研究が必要となる財産については、2倍を限度として別途報酬が必要となる場合があります。

相続人の数 相続人加算報酬 (税別)
2名以上の場合、1名につき 10万円

※その他、実費相当額として、(1)訪問調査にかかる旅費、交通費、調査費、(2)司法書士報酬、(3)不動産鑑定報酬、(4)弁護士報酬などの費用が必要になる場合があります。 ※準確定申告を行う場合の報酬は別途お見積もりいたします。

相談のみの料金

30分5,000円(税別)。初回面談は無料です。お気軽にご相談ください。

相続税申告サービスメニュー

MENU