遺言書の内容と異なる遺産分割を行う場合

遺言書の内容と異なる遺産分割を行う場合

亡くなられた方が遺言書を残されている場合には、遺言書通りに遺産分割します。遺言書の内容は最大限に尊重されるべきものですが、相続人全員の同意があれば、遺言書の内容と異なる遺産分割協議を行うこともできます。
ただし、遺言書と異なる遺産分割をするのであれば、相続税の申告期限までにしないと、相続税法上不利益を受ける可能性があるので注意が必要です。

遺言書の内容と異なる遺産分割を行う場合

想定事例とその解説については、順次公開予定です。

想定事例

解説

MENU