よくある質問(F.A.Q.)

よくある質問(F.A.Q.)

中央合同会計事務所の相続税申告サービスの内容や、お申し込み方法などについて、皆さまからよく寄せられるご質問をまとめています。ご参照ください。

相続税の申告が必要かどうか教えてもらえますか?

試算いたしますので、お気軽にご相談ください。
相続税には、相続税がかからない「基礎控除額」があります。相続税は、遺産総額が基礎控除額を超えた場合に、その超えた部分に課税されます。
基礎控除額は、平成26年までは、5,000万円と法定相続人1人につき1,000万でした。たとえば、法定相続人が3人いれば、5,000万円+3,000万円なので、課税遺産総額が8,000万円以下なら、申告納付は不要でした。
しかし、改正により、平成27年1月1日以後に発生する相続については、この基礎控除額が3000万円 + 600万円×法定相続人に引き下げられています。
例えば、相続人が子2人の場合の基礎控除額は、 旧税制では、5,000万円+1,000万円×2人=7,000万円でしたが、改正後は、3,000万円+600万円×2人=4,200万円となり、4,200万円超の相続財産があれば課税されることになります。
ご確認したい方は、当ホームページの相続税シミュレーションをご利用ください。ご家族構成と財産額を選択いただくだけで、相続税額の大まかなシミュレーションを行うことができます。

相続税シミュレーションへ

相続税の申告はいつまでにする必要がありますか?

相続発生日(死亡日)から10か月以内に相続税の申告・納税をしなければなりません。10か月はあっという間です。早めにご準備されることをおすすめいたします。

相続税の申告を依頼したいのですが、税理士報酬はいくらかかりますか?

中央合同会計事務所の相続税申告では、一定の要件に該当する方を対象として、コストを重視した相続税の申告プランをご用意しています。料金体系については、当ホームページに掲載しています。詳しくは相続税申告サービスのページをご覧ください。

相続税申告サービスのページへ

また、税理士報酬の目安をご確認いただくために、オンライン自動見積システムをご用意しています。プランを選択し、財産額と財産構成をご選択いただくだけで、相続税の申告にかかる報酬をオンラインにて自動でお見積りいたします。

オンライン自動見積システムへ

料金体系についてご不明点があれば、お気軽にご相談ください。初回のご相談は無料です。また、申告業務の開始にあたり、料金については、必ず事前に正式にお見積りしていますので、安心してご相談ください。

土日や夜間、自宅でも対応してもらえますか?

日中お仕事をされている場合には、夜間や土日も対応しています。また、事務所ではなく、ご自宅にお伺いすることも可能です。お気軽にお申し付けください。

会社を経営していて、会社の顧問税理士がいても問題ありませんか?

諸般の事情により、相続税の申告のみご依頼いただくケースもあります。その場合には、会社の顧問税理士との関係に配慮した対応をしていますので、安心してご依頼ください。

税務調査には立ち会ってもらえますか?

もちろんです。いざ税務調査となった場合には、事前の打ち合わせをしますので、ご安心ください。

実家が大阪で、東京在住です。対応可能ですか?

もちろん対応可能です。よくあるケースです。大阪に来られるときにご実家で面談を、東京にいるときはメールや電話などでやりとり、といった対応となります。

お問い合わせ
中央合同会計事務所で提供しているサービスについて、ご不明な点やご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
MENU