相続対策サービスの概要

相続対策サービスの概要

相続対策における命題はさまざまですが、一族の長きにわたる繁栄のためには、中心となる財産を残していくことが共通のテーマとなります。
そのために、中央合同会計の相続対策サービスでは、3つの基本対策の優先順位を明確にし、5つのステップを確実に実行していくことにより、相続という困難な課題を相談者とともに克服していきます。
不動産収入のある方については、将来の相続を見据えた不動産の有効活用について、建築名義や法人利用を考慮しつつ、資産税、所得税、法人税の三税を一体とした税務アドバイスサービスを提供いたします。

3つの基本対策

相続争い対策
優先順位1. 争族対策

相続争いを未然に防止することを目的とします。

相続税納税資金対策
優先順位2. 納税資金対策

相続税の納税資金の確保を目的とします。

相続税の節税対策
優先順位3. 節税対策

相続税の税負担の軽減を目的とします。

5つの実行ステップ

相続対策5つの実行ステップ

相続対策業務の流れ

1.初回の相続税簡易試算業務及び提案業務(スポット業務)

相続対策サービスの流れー相続税の簡易試算と提案業務現状把握と対策課題の抽出、整理を行います。

2. 相続対策業務(月々の顧問契約方式)

相続対策サービスの流れー相続対策業務の開始課題の優先付けを行い、優先順位に基づくシナリオ設を設計し、見直しを行いながら最も重要な対策から実行していきます。

相続対策サービスメニュー
MENU