相続税の申告期限が迫っている場合

相続税の申告期限が迫っている場合

相続税の申告書の提出期限は、相続の開始があったことを知った日(通常の場合は、被相続人の死亡の日)の翌日から10か月目の日です。できる限り避けたいことですが、申告期限までに正しい相続税の申告書を提出することができないケースもあるでしょう。しかしその場合でも、正しい手順を踏まなければ、相続税を大幅に節税できる各種特例の適用を受けることができなくなってしまったりする場合もあるので、注意が必要です。

相続税の申告期限が迫っている場合

想定事例とその解説については、順次公開予定です。

想定事例

解説

MENU