賃貸不動産がある場合

賃貸不動産がある場合

兄弟姉妹で賃貸不動産を相続される際、その後の賃料収入を相続人に等しく分ける目的で、「共有」を希望されるケースがよくあります。売却を予定されている場合は問題ありませんが、所有を目的とする場合には、共有者が死亡した場合にその相続人が共有者になり、共有者がどんどん増えていくことを忘れてはなりません。借入金の承継や共同担保についても注意が必要です。

賃貸不動産がある場合

想定事例とその解説については、順次公開予定です。

想定事例

解説

MENU