土地の数が多い場合

土地の数が多い場合

土地が相続財産の金額に占める割合は、減少傾向にありますが、以前として最も高い構成比となっています(大阪国税局管内では、平成6年(67.2%)、平成25年(31.2%))
相続税の申告において、土地の評価は、路線価(道路に面する宅地の1㎡当たりの評価額)をベースに、土地の形や法的制限により補正を加えて算定していきます。様々な角度から各種減額要因を検討し、土地の評価額を下げることができれば、自ずと相続税の節税につながります。

土地の数が多い場合

想定事例とその解説については、順次公開予定です。

想定事例

解説

MENU